• 落ち着いて故人を偲ぶことができる家族葬

    時代が移り変わるとともに様々なことが変わってきます。

    近年では葬儀の様式も変化しています。従来の葬儀の形としては、家族が弔問客をもてなすという形が主流でした。
    親族以外にも故人が生前親しかった方々やお世話になった方々が参列し、遺族が挨拶回りを行ったり様々な気遣いを行う必要がありました。


    けれども現在では家族葬が増えてきました。家族葬では多くの弔問客が参列せず、基本的には家族と近しい親族、故人とごく親しかった方のみで行われます。

    家族葬を行うことで落ち着いて故人を偲ぶことが可能となります。

    たくさんの人が集まっていると、とことん悲しんだり、故人との思い出を語らったりするということが難しくなります。

    少人数で尚且つ親しい間柄のみが参加する家族葬であれば、互いに故人について語ったり、思うまま悲しんだりすることができます。

    また、一般葬よりも自由が利きやすいため故人との思い出の食事を出したり、故人が好きだった音楽でお見送りをすることも可能となります。しかしながら、家族のみで葬儀をする場合でも周りへの配慮を怠ってはいけません。


    なかには告知されなかったことにショックや悲しみ、怒りを感じる方もいます。



    家族のみでお見送りしたいのであれば、その旨を手紙や電話によって伝えておくと良いでしょう。希望者には落ち着いた頃に偲ぶ会を開催することでも対応できます。



    最後のときを大切なものにしたいと考えている方は家族葬を利用してみると良いでしょう。

    あなたのご要望に応えるYOMIURI ONLINEについて補足説明いたします。