• 家族葬のメリットと香典

    家族葬は、一般の葬儀と同様に医療機関から肉親の遺体を引き取り、通夜および葬儀を行った後に火葬し埋葬しますが、通夜および葬儀に参列する人数が大幅に少ない事がだけが相違点です。



    家族葬、参列者が非常に少ないことで返礼品や振る舞い料理などの費用が大幅に削減でき、遺族は参列者が少ないことで肉親が無くなった事による不安定な精神状態で参列者の対応をする必要はなく、精神的にも肉体的にも非常に負担が軽くなるメリットがあります。家族葬は、神道や儒教、道教など複数の宗教の教義が混じり合い、本来の仏教とは程遠いとされる日本の葬式仏教のしきたりに従う必要が無く、故人を囲み故人との思い出を偲びながら食事する事も出来、故人の冥福を祈る本当の意味での通夜が行う事が出来ます。



    家族葬は、友人や知人への連絡しないケースが非常に多くあり、人間にとって財産の1つである人間関係に悪影響を及ぼすケースも少なくないとされています。

    livedoorニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

    しかし、世界でも有数の長寿国家である日本では、退職後20年以上生きる方も少なく無く知人や友人も高齢化するだけで無く無くなっている方も多いので、知人の少なくなった高齢者には適しているとも言えます。

    葬儀業者の中には、葬儀規模の縮小により香典収入が減少するので葬儀費用が賄え無くなると言う葬祭ディレクターもいますが、香典は祝儀とは大きく金額が異なるので香典で費用を賄う事は難しいので翻弄されない様に気をつける必要があります。