• 家族葬となっていくのは必然で

    葬儀を家族葬で行う人が多くなってきました。

    これまであった隣近所の人たちが助け合って葬儀全般を取り行ってきたようなやり方がほとんどの地域で少なくなってきたこともあります。生まれた故郷から離れた所で就職をし、そこで家庭を持ち、人生を終えた場合には近くに深い付き合いをする人が多くないこともあります。

    子どもも少なくなり親戚付き合いをするのも限られ、そして、高齢社会となってきて、亡くなる時には仕事をやめてあまり他人との付き合いが無くなっていることもあります。



    時には自分自身で家族葬を選んで自分が死んだ時には少ない人数でひっそりと送り出して欲しいと願う人もいます。それには、経済的な負担を家族にかけたくないという理由もありますが、仲良くしていた人や、親戚の人の葬儀が家族葬で送られているのに参列した時に、その中にある、温かな故人を思う心がそこにあふれているように感じた場合などもあります。

    毎日新聞をあなたに紹介致します。

    故人を偲び、故人が好きだった花がいっぱいの花祭壇などの中で微笑む故人の写真を見る時などは、1種のあこがれさえ感じたりするのです。
    規模があまり大きくない家族葬であっても、それは簡素だというものではありません。
    故人がしっかりと精一杯生きてきた人生を締める最後の儀式です。

    それは単に経済的なことや、参列する人数によって分けられるものではありません。多くの人の生活時間をもらってしまうような葬儀にすることを良しとしない心優しい葬儀の仕方になります。