• 各社が設定する家族葬プラン

    現在、家族葬は、昔ながらの葬儀に迫る勢いで増えています。



    家族葬の比率は、わずかの間に3割を占めるまでになり、一般的な葬儀は4割ほどと、とうに半分を割り込んでいます。

    こうした状況の中、当然ながら各葬儀社では家族葬のプランを設定するようになっています。



    家族葬をするには、特別な依頼をしなくてはならないのではないかと考えている人もいるようですが、そうしたことはまったくありません。

    @niftyニュース情報選びに特化したポータルサイトです。

    一般的な葬儀をするケースとそう変わらないくらい、おこなわれている形態です。

    インターネットが使えない環境にあると、まだ世の中では、一般的な葬儀をするのが当たり前という状況であろうとイメージしがちですが、ごく短期間の間に状況はさま変わりしています。

    インターネットを使わない人々は、横並び意識から、葬儀社のセールスマンに誘導されるまま一般的な葬儀を選択する傾向があるでしょうが、いまや横並びする必要はなくなっています。
    比率が半分をとうに切った形態に横並びする人は、そういないでしょう。

    インターネットで検索すれば、そうした事情はすぐわかりますので、喪主が限られた選択肢しかないと考えている場合は、周囲の人がアドバイスしてあげることが望まれます。
    これまでそうした選択をして、葬儀の後に不透明な費用などに疑問を持つケースは多く、その反動で家族葬が増えたという側面もありそうです。
    現在はインターネットを使って、ごく短時間で比較検討し、選択することが可能になっています。

  • 知りたい社会事情

    • 家族葬は、一般の葬儀と同様に医療機関から肉親の遺体を引き取り、通夜および葬儀を行った後に火葬し埋葬しますが、通夜および葬儀に参列する人数が大幅に少ない事がだけが相違点です。家族葬、参列者が非常に少ないことで返礼品や振る舞い料理などの費用が大幅に削減でき、遺族は参列者が少ないことで肉親が無くなった事による不安定な精神状態で参列者の対応をする必要はなく、精神的にも肉体的にも非常に負担が軽くなるメリットがあります。...

  • 大事な社会の事

    • 家族葬は一般のお葬式のように、通夜や葬儀を行います。ですが、遺族と故人と本当に親しかった人のみで行われることが多く、規模も一般のお葬式に比べて小さくなります。...

  • 社会の補足説明

    • 葬儀を家族葬で行う人が多くなってきました。これまであった隣近所の人たちが助け合って葬儀全般を取り行ってきたようなやり方がほとんどの地域で少なくなってきたこともあります。...

  • 対策方法

    • 時代が移り変わるとともに様々なことが変わってきます。近年では葬儀の様式も変化しています。...