• 家族葬を行う上で気を付けることとは

    家族葬は一般のお葬式のように、通夜や葬儀を行います。



    ですが、遺族と故人と本当に親しかった人のみで行われることが多く、規模も一般のお葬式に比べて小さくなります。


    葬儀の場合には、葬儀に参列する人がいないため受付や案内の看板を設置しないことが多いです。



    家族葬を行う上で気を付ける点としては、まず葬儀会社において家族葬を行えるかどうかを確認するということです。
    通常の葬儀と同じように行われることが多くなってきていますが、小規模のスペースがあるのか聞いておくと安心です。

    その場合、家族葬を行うので受付などは必要ないことも伝えるようにしましょう。
    この他気を付けることには、会社や近所などにどのように知らせるか、ということです。

    故人の遺志において行われる場合は、その旨を伝え、香典は辞退すると丁寧に話すと良いでしょう。家族の意向においても同じようにきちんと話すようにします。

    エキサイトニュースの情報なら当サイトにお任せ下さい。

    なお、それでも、といただいた場合は、落ち着いてから返礼をするようにします。

    おおよそ四十九日を過ぎた頃が良いでしょう。


    新聞などにお知らせを出すと自宅に弔問に来てくださる方もいるので、そういった方への対応の仕方も事前に考えておくようにします。また、家族葬はどの範囲までを家族と呼ぶのか、誰をお呼びするのかを決めるのが大変なことがあります。

    あらかじめ、家族と話し合っておくといざという時に残された家族の負担を減らすことができます。


    親戚とのトラブルを起こさないためにも理解を得ておくと安心です。